スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶴の館 桐乃(小学生)

きりきほん
2014年最初の作品は、鶴の館様のガレージキットで、桐乃小学生バージョンとなります。
キット自体は2013年3月のGWCで購入、例によって昨年8月の猫鯖コンペに出品するために製作したアイテムです。

今回、キット本体の製作に要した期間は、なんと約一週間!
普段は月いち位のペースでの作品製作なのにこのキットに関しては、とても早く仕上げることが出来ました。
速く仕上げることができたのは、コンペ出品のために追いこんでいた以外にもちゃんとした理由が有ります。
その理由はというと、改造を全く行わなかった(改造する必要がなかった)ことです。

普段であれば、パーツの分割ラインを接着整形して、接合面あわせを行う作業が、必ず発生するのですが、このキットに関しては、パーツの分割が絶妙に塗装しやすいように計算されていて、分割面も表には出ないように、必ず片方のパーツが上からカバーする形状になっています。

なので、無改造のキット分割状態で塗り始めることが出来ました。
(塗装途中の写真も撮っており、アップする予定だったのですが、データが飛んでしまう事態が発生してしまいました…残念です…)
また、ランドセルや胴体パーツに何ヵ所かマスキングして塗り分ける必要があるところが存在しているのですが、これらの箇所にもマスキングがし易いよい感じの段差や溝があるので、全くフラストレーションが堪らないものでした。

この辺りのペインター目線での気配りは、流石鶴の館クオリティー!!と絶賛したくなります。
超一流原型師と超一流フィニッシャーがいるからこそできる妙技なのでしょうね。

塗装の方は鶴の館さんのブログで製作記を読んで、最初に目玉をマスキングする方法を参考にさせていただきました。
その他は元イラストの配色というより、自己流配色で可愛くなるようにしてみました。
髪の毛の黄色感をいい感じに出せたのではないかなと、思ってます。
あとは小学生なので、美白というよりも元気な印象が欲しくて、肌の色味を普段よりは若干オレンジ寄りにしてみました。
肌の艶はいつもより残し気味でみずみずしくしました。

きりうしろ
チャームポイントの背中のチラ見せもバッチリではないでしょうか(`・ω・´)

ランドセルはタンを全体に塗装した後、赤の部分だけクリアレッドを吹いています。
ディテールがしっかり出ているランドセルでしたので、塗りも力を入れさせて頂きました!
昭和風ランドセルです!
ランドセル
本体上半身パーツに磁石を仕込んで、ランドセルを脱着可能にしています。

鶴の館さんのキットは初心者の頃にマミさんも塗らせて頂いたのですが、今考えると、あのキットの分割も素晴らしいものでした(その頃は僕がそこまで気付けるレベルではなかったですが。他のキットだと挫折していたかもしれません)。

鶴の館キットは実は初心者の人でも非常に取っつき安く、また、それなりに経験を積んだ後でも勉強になる素晴らしいもので有ることを再認識した次第で有ります。

その後暫くの間放置していたのですが、この度台座も作りましたので、写真をのせておきます~。
きりだいざ
芝生部分は作中に出てくるタコのヌイグルミ?をイメージソースに、台座部分は真綿フィルターを使用した、大理石調塗装です。
いろいろなところに使用出来て、便利ですねぇ真綿フィルター。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よっしー

Author:よっしー
ガレージキットやフィギュアの塗装をしております。
製作代行も受け付けていますので、気になったかたはお気軽にお問い合わせ下さい。
ご依頼、ご質問等はメールフォームからお願い致します。

最新記事
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
完成品ギャラリー
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新トラックバック
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。