FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペースヴィラル製作!

20150103035348d6d.jpg
明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。

さて、今日は久しぶりの製作記事です。
ご依頼を頂いて、2014年の最後に完成した、ディーラー「真・親父天国」様のキット「スペースヴィラル」(天元突破グレンラガン)の製作記事です。

本キット、(獣人ですが…)人体としての全体のバランスはとてもよいです。
しかし、元々の衣装デザインが一昔前のスペースルックとでもいう感じの飾り気のないものですので、スーツをそのままスカイブルーに塗っただけでは、全体が単調でつまらない見映えになってしまう恐れがあります。
201501030403469e9.jpg

そこで、何かしら面白味のあるアレンジをしようと、グレンラガン劇場版を観ながらヴィラルのいい感じのシーンを探していると、見つかりましたのがこのシーン。
2015010303524788f.jpg


ヴィラルに限らず、グレンラガンのキャラクターはこの『下からの光を受けて、腕組みしてドヤ顔』がとても似合うのであります。

なので、下から強烈な光を浴びる感じで明暗をはっきりさせて塗装すると、メリハリが効いて面白い塗装ができるのではないかと、ご依頼主様に提案、ご賛同を頂き、実施することになりました(チャレンジャブルな提案に快くOKを出してくださったご依頼主様には大感謝です!)

だがしかし、実際下からの光源を表現するとなると、慣れ親しんでいるの上からの光源とは真逆になってしまいます。
故に、違和感を出さないようにするには何処が影になるのか等を頭で考えても、思った以上昔のに難しかったりします。
そこで、陰影イメージを掴むのに何かよい方法はないかと考えていたところ…思いつきました!
簡単な方法を!みんなも真似してね!
…実際、懐中電灯で光を当ててみればいいんだ(笑)
2015010303524428b.jpg
201501030352445b4.jpg
2015010303524751a.jpg
上の写真、懐中電灯で光を当てたところを写しているわけですが、実際の塗装時にこの写真を観ながら色をのせていきました。
いやこれ、意外といろんな場面で応用出来そうです。
と、いうことで、実際塗り終わったものを次回、ギャラリーにあげたいと思いますので、お楽しみに。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よっしー

Author:よっしー
ガレージキットやフィギュアの塗装をしております。
製作代行も受け付けていますので、気になったかたはお気軽にお問い合わせ下さい。
ご依頼、ご質問等はメールフォームからお願い致します。

最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
完成品ギャラリー
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新トラックバック
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。