FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S-MIST様 艦隊これくしょん 鹿島

IMG_2050.jpg

ガレキディーラーS-MIST様のキット、 『艦隊これくしょん』 より鹿島をご依頼により製作させて頂きました。
IMG_2030.jpgIMG_2038.jpgIMG_2039.jpgIMG_2040.jpgIMG_2041.jpgIMG_2042.jpgIMG_2043.jpgIMG_2044.jpgIMG_2045.jpgIMG_2046.jpgIMG_2056.jpgIMG_2049.jpgIMG_2050.jpgIMG_2051.jpgIMG_2052.jpgIMG_2053.jpgIMG_2054.jpg

水着だから製作楽かな…、と思っていたら、気泡地獄にやられました(汗)。
半端なかったです、気泡…。

いつもは、表面の状態が悪くサフレス肌塗装が不可能な場合、クリア+ホワイトの層を重ねることでムラを消しつつ透明感は保つ、という方法をとるのですが、今回はいくらクリアホワイト層を重ねてもムラを消すことが出来ず、一度ドボンしてしまいました…。

結局、一度クリア割りしないホワイトを吹き、表面のムラをなくしてから肌の色を塗ることになりました。
一応ホワイトの上からクリア層→ホワイトクリア層と重ねてから肌色を塗り始めることで透明感を出そうと試みてますが、通常のサフレス塗りに比べると、やはり透明度が若干劣ります…(伝わりにくい日本語でスミマセン)。

それでも一定の彩色クォリティを保つべく、肌と髪の毛の色合いのバランスに関してはこだわって調色したつもりです。

色白な肌とグレイの髪(銀髪)という組み合わせはとても難しいですね。
髪の毛の明るい色と通常の肌色をあわせると、肌の橙味が強くなるので色白には見えなくなる、だけど肌色を白くしすぎると全体の印象が弱くなってしまう…みたいな?

髪の毛のほうはグレイの濃淡を強くすることでインパクトを保ち、肌のほうは通所より色白でも頬や肘、膝、踵、爪先等の赤みをしっかり置くことで肌としての色合いをちゃんと出す、とまぁ字面にしてみれば当たり前かもしれないですが、その辺の重要さを再認識しました。

結局なにがいいたいかというと、今回もとても勉強になったということですね。
製作の機会=勉強の機会を与えてくださったご依頼主様には本当に感謝です。
勉強させてもらってお金をいただいているのだから、その都度今出来ることを精一杯して、レベルアップした作品をお届けできるよう精進します。
一生勉強なんだろうな…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よっしー

Author:よっしー
ガレージキットやフィギュアの塗装をしております。
製作代行も受け付けていますので、気になったかたはお気軽にお問い合わせ下さい。
ご依頼、ご質問等はメールフォームからお願い致します。

最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
完成品ギャラリー
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新トラックバック
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。