FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

flat☆flan様の 艦これ 大鳳【ガレージキット 製作代行】

a.jpg

ガレキディーラー『flat☆flan』様のキット、 『艦隊これくしょん』 より大鳳をご依頼により製作させて頂きました。

a.jpgb_2016112017523233f.jpgm.jpgl.jpgk.jpgj.jpg
i.jpgh.jpgg.jpgf.jpge.jpgd.jpgc.jpg

かなり遅くなりましたが、表題の大鳳をギャラリーとして掲載しておきます。

先日(遡ること数ヶ月前…)展示会の記事で少しだけ紹介させていただいたもので、「360°フィギュアレビューサイト|figufigu.net」様経由で製作代行させていただいたものになります。(figufigu.netさんの丁寧な作品紹介記事がこちら。)

figufigu.netさんの記事と使用している写真も同じ(というか、撮影して頂いたもの)ですし、丁寧に紹介いただいているので、ここでは若干のデータ的なことを記載させていただきます。

●下地について
・目だった気泡などもなく、とてもスムーズに下地処理ができました。
同じキットをつくらている方のブログで、微細気泡が多くて苦労しているような記載をみたような気がしますが、固体差ですかね?
前後に製作していたキットが気泡地獄だったので、単に麻痺していただけという噂も(苦笑)。

●改造ポイントについて
・腰部砲身
腰部大砲の砲身が細身のレジンで、強度に心配がありましたので、を真鍮線に置き換えました。
・左艤装の甲板
甲板部分が平面のみでしたので、板張りを表現するために板目を縦に筋彫りしました。
・右艤装艦橋上のマスト
マストがキットでは三角錐にモールドで表現されており、空間部分が埋まっていましたので、真鍮線自作しました。
・ボウガンの弦
 キットにはプラ棒が付属していましたが、強度が心配でしたので、真鍮線に置き換えました。
・右足、左艤装の支え
全体重を左足一本(それも斜め向き)で支え、且つ重心はそこに全く乗っていないので、(レイアウト方法にもよるでしょうが)真鍮線 で軸打ちしたとしても、長期の展示には耐えられたいと判断し、支え棒を追加しました。
基本的には右足の支えがあれば充分展示には耐えられるかと思いますが、偽装の支えも念のため作製しました。
支えとしての機能は充分でも、少し味気ない感じもしますので、もう少しオサレなデザインができればよかったかなと反省してい
ます(今後の課題ということでご容赦ください)。
・上着パーツ
背中で割って二パーツ構成だったので、そのままでは背中に分割線がでるところ、ボディパーツの内側を削って、後はめ加工を
行っています。
・台座
市販の木製台座をレジン置換したものに、プラ版でヘックスを貼り付けました。
以前、模型仲間に、「木製の台座をまんま使わずにわざわざレジン置換するのなんで?」と聞かれたことがあるのですが、素材
を普段使い慣れたレジンに置き換えることによりこのような工作をするときに接着剤やパテ、プラスチック等のマテリアルとの相性
を、テストすることなく使うことが出来るから、というのが理由のひとつです。
筋彫りを入れるときにも木材にあわせたノウハウや道具をそろえるよりは、レジン/プラ用の道具でいつも通りの工作が出来、
塗装に関しても迷わずいつもの手順で塗れますからね。
つまり、弊方、木材を自在に操るスキルを持っておらんということです(汗)

●塗装について
・肌
一般的なサフレス塗装です。全体的に淡い色合いのキャラなので、気持ちグレーを足したくらいで特別なことは特にしていま
せん。
・艤装
グレー部分はMr.COLOR特色セットの『日本海軍工廠標準色』の「SC03-舞鶴海軍工廠標準色」を使用しています(ミリタリー関連
の知識ゼロなので、そのまま素直に有りものを買ってきたということです)。
下地にミッドナイトブルーを吹いて、上記グレーを上から乗せました。シャドーにミッドナイトブルーがほんの少し残る感じです。
また、上記グレーにホワイトを足したトップカラーをハイライト部に乗せています。
艤装の赤部分は、マホガニーをベースに艦底色→艦底色+シャインレッドのグラデにしています。
甲板、ボウガンは木目塗装をしています。
甲板のラインはマスキングしてライトグレーを吹きました。
・マガジン
濃緑色→黄橙色+グレーへのグラデで表現しました。
「攻」の文字は筆で書きました(「戦」でも筆で書いたと思います。自作デカールとかもつくれるように練習しときますね…)。
・髪の毛
マホガニーベースでグレーを足していったと記憶しています。
・スカート
艤装の赤とは違う色です。普通の赤の彩度落としたものをベースに、影色はウッドブラウンとか足したかと…(よく覚えていま
せん)。
・面相
割と勢いで、時間をかけずにやったかと。3時間くらいで瞳描いちゃいました。
その割には、今までで一番ばっちり視線があわせられているとの言葉を師匠から頂きました。
肩の力を抜いて作業するのが一番いいのかな…難しいです。


結構レアなキットとのことで、貴重な製作の機会を与えてくださりありがとうございました!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よっしー

Author:よっしー
ガレージキットやフィギュアの塗装をしております。
製作代行も受け付けていますので、気になったかたはお気軽にお問い合わせ下さい。
ご依頼、ご質問等はメールフォームからお願い致します。

最新記事
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
完成品ギャラリー
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新トラックバック
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。